オーストラリアで処方されている抗精神病薬のパターン

Poster No. M4は、2019年5月12日~16日に開催された、オーストラリア・ケアンズの王立オーストラリア・ニュージーランド精神医学会(RANCP)会議で発表されました。

著者:N パイ、J ミュラン、M エイカー、P ジュネジャ、M H コカマリ、S シヴァ
2019年5月

Related articles

抗精神病薬の実際の使用状況

Prospectionsのリアルワールドデータ分析を用いた最近の発表に...

オーストラリアの免疫性リウマチ疾患(IMRD)...

はじめに:免疫性リウマチ疾患(関節リウマチ、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎)における腫瘍壊死因子阻害剤(TNFi) アダリムマブ、エタネルセプト、およびゴリムマブの皮下投与の継続性を治療順序(第一選択治療、第二選択治療、さらなる治療順序)で説明す...

オーストラリアの人口における関節リウマチの...

目的:オーストラリアの生物学的疾患修飾性 抗リウマチ薬(bDMARDs)の持続性についての説明 関節リウマチ(RA)患者を対象とし、メトトレキサートおよびその他の従来型DMARDの影響を評価 (cDMARD)併用薬、およびbDMARDの持続性とグルココルチコイドの使...