プロスペクションのビジョンと価値:CEO エリック・チュンに聞く、未来の展望

プロスペクションは、現在シドニーに本社を置く健康データ分析を行う会社です。 当初、プロスペクションは創業者のエリック、リッキー、ピーターの3人のみでスタートしました。 8年の年月を経て、プロスペクションは繁栄し、3人から70人の従業員へと成長し、オーストラリア国内の50社以上のライフサイエンス企業と取引し、日本、韓国、中国、米国を含むアジア地域へと拡大しています。

プロスペクションのCEOであるエリック・チュンは、当社の発展において重要な役割を果たしました。

「最初の12ヶ月は、私たちの能力と経験をどのように生かすかを考えていました。製薬会社、医師、病院、政府機関など、さまざまなところと話をし、自分たちの能力を発揮できる場所を探しました」とエリックは言います。

「大規模なデータベースへのアクセスを活かして、意味のある臨床情報を抽出し、それを何とかしてくれる企業に提供できるよう、最終的に製薬部門に絞りました。」

プロスペクションは、最初の12ヶ月から8年間、革新的な技術でデータからより多くの情報を引き出し続けてきたとエリックは語りました。

プロスペクションのビジョン

創立当初のプロスペクションのビジョンは、お客様やパートナーが抱えている問題を一緒に解決していくことでした。 当社の成長は、より良い顧客の意思決定を通じて、健康上の成果を測定可能に変える予測的なヘルスデータと分析を提供するという現在のビジョンにインスパイアされ続けています。

「ビジョンというのは面白いもので、時間が経つにつれてより明確になっていくものなのです。」

「長い時間をかけて他の人々の問題を助けるために活動していたことにより、その後、私たちが世界に影響を与えることができるというビジョンをより明確に見るようになりました。」とエリックは語ります。

「私たちは、業界全体が適切な患者に適切な治療を提供するために努力していることを明確にしています。そして、時間をかけて明確化されたビジョンは、我々のスキルを活かし、どのようにして意味のあるインパクトを与えるかということです。」

プロスペクションは、従業員が正しい行動を取るための5つのコアバリューを設定しました。

プロスペクション 5つのコアバリュー:

プロスペクションの未来

プロスペクションは過去8年間、力強い成長を遂げてきました。 エリックは、この目標は会社にとって継続され、今後5年から10年の間に、ビジネスの規模を拡大し、他の市場に参入することで急成長が見込まれると強調しています。

「現在、私たちはシドニーを拠点とする70名のチームで活動をしています。データサイエンティスト、エンジニア、医療専門家、ビジネスコンサルタントの集合体で、この方式はうまくいっており、今後も拡大していきたいと考えています。」と彼は述べています。

「今後5~10年の展望は、このビジョンを現実にすることです。データ分析企業としての専門知識を通じて、正しい患者に正しい治療を受けさせるために、どのように貢献するかということです。」

Related articles

ヘルスケアの焦点を変える。

医療システムの主な課題の1つは、適切な患者が適切な治療を受けられるよう...

プロスペクション日本へ初進出

本日、日本本社の開設を発表いたします。 健康情報学と製薬のベテランである佐藤薫氏が日本事業をリードするために任命されました。 東京の新しいオフィスは、プロスペクションが国際的な製薬会社や研究パートナーと密接に連携することを可能にします。 当...

精密医療への移行

医療イノベーションの進展により、疾患と治療法のマッチングを図る精密医療...