ソリューション

縦断的な患者データ

患者の行動、治療経路、健康状態の実像を描く

縦断的な患者データ(LPD)は、患者の行動を長期的に追跡することで、治療効果を最も深く理解することができます。 これまで、LPDの収集には長い時間と労力が必要で、臨床研究での利用は限られていました。 しかし、PharmDashを使用すれば、何年にも渡る患者データを収集し、プロットすることで、全病歴に基づいてLPDを作成することができます。

医師やクリニックの訪問、診断、併存疾患、調剤などのデータポイントを組み合わせて、患者さんの全行程をマッピングします。 PharmDashを利用したLPDにより、製薬業界はこれまでアクセス不可能と思われていた知識にもアクセスすることができます。

レバレッジ 縦断的な患者データ 縦断的な患者データを活用して以下のことを可能にします。

01
ペイシェント・ジャーニー・マッピングは、治療の障壁を発見し、アンメットニーズのある患者コホートを特定することで、治療への早期アクセスや治療介入の変更を可能にします。
02
医薬品の縦断的なデータは、患者の治療法に関するより良い教育を可能にし、エビデンスに裏付けられた代替案を提示します。
03
LPDを用いた分析は、患者さんによりパーソナライズされた予測治療を提供し、関係者全員の成果を向上させます。
04
LPDを追跡することで、製薬会社は医薬品のアドヒアランス、持続性、処方方法などを把握することができ、正確な製品分析が可能になります。

当社のプラットフォームPharmDashは、量や複雑さに関係なく、縦断的なデータを統合することができます。

This site is registered on wpml.org as a development site.